トップ > 競馬記者とは

競馬記者とは

一般的に記者といえば、ホットな話題からマニアックな話題まで取材して情報を収集し、それらを分析して紙面に載せていくという作業をする人です。

では競馬記者とは一体どんなことをする人なのでしょうか。

競馬記者はトラックマンとも呼ばれます。それはトレセン(トレーニングセンター。馬がトレーニングをする場所)内において、調教タイムや馬の体調をはじめとした情報を得るために、トラックに張り付いて取材することに由来しています。

”トラックの番人”ともいうべき競馬記者はこのトレセンをはじめとして、厩舎などにも顔を出し、鮮度の高い情報を提供するために日々奔走しています。それゆえ多くの競馬ファンが、この記者たちの情報を得るために競馬新聞や雑誌を買い、自分の予想に役立てています。

基本は時計の計測

競馬記者になりたての人がまずするのが、トレセンでの時計の計測です。競馬でいう時計というのはスポーツ一般でタイムと呼ばれているものを指します。

競馬には調教タイムというものがあります。これは調教の段階で取る時計のことで馬の仕上がり具合の指針となるものです。競馬記者になりたての人はこの調教時計を取るので精一杯という人も少なくないそうです。

しかし、この調教時計を取ることは競馬記者の基本と言われています。データ・数字を集めるのが基本といわれる記者業界で、レース間近に迫った調教のデータを取らないあるいは見ないというのは競馬記者として失格です。

また時計には勝ち時計、上がり3ハロン時計、追い切り時計など様々時計があります。時計というデータを細かく取れば取るほど、そのデータはより詳しいものとなるので、競馬記者を見極める際には「時計をちゃんと見ているか」という目線で見ても良いかも知れません。

重視する点は記者それぞれ

時計という基本的な情報を押さえた後に関しては、はっきり言って記者それぞれです。

例えば「競馬はブラッドスポーツだ!」といわんばかりに血統を重点的に見る記者というのもいますし、「オッズを見なければ儲からないだろう」と配当と投下金額のバランスを見ながら情報を提供する記者もいます。

これには「記者の血統」が影響している場合もあります。記者というのはだいたい一人では動かず、2人~複数人で行動します。下っ端は先ほどいった通り時計の計測をやるのですが、それらを本格的に分析するのは先輩・リーダー格の記者ということになります。

こういった先輩の競馬眼を後輩記者はよく真似をすることがあり、そうなるとどうしても似通った記事になりがちです。なのでずっと同じ記者が書いているように思える競馬新聞・雑誌というのも多く見受けられます。「記者の血統」はこういったところに出るのです。

的中に近づけてくれた記者が良い記者だ!と言ってしまえばそれまでですが、取りあげた情報、提供した情報が有益かどうかは人それぞれです。基本的なこと、例えば先ほど取り上げた時計をしっかりみているかなど、そういったことができていれば後は情報の発信者と受信者の相性という話になってくると思います。

その相性を見つけるためにも、多くの競馬記者を知っておくことは、競馬予想をする上で非常に有益なことといえるでしょう。

最終更新日

2014年07月31日

【PR】新着予想家

神喰

【PR】人気サイト

馬券フォーカス

【PR】注目サイト

馬券フォーカス

4月の注目予想家

及川義弘

ホースマン歴40年のベテラン・及川義弘氏。
競馬予想サイト「ブレーン」にて人気の予想情報を一部無料公開中!

評価記事を見に行く»

最近話題の予想家

江戸川乱舞

今話題の競馬ブロガー・江戸川乱舞!
最新情報がブログで手に入る他、所属サイトでもWIN5情報が見れたりとコンテンツが豊富!

評価記事を見に行く»

WIN5特集

WIN5情報

PR 話題のランキング

話題のランキング

的中率の高い人物

吉田順一
的中率75%を誇る馬三郎切っての予想屋。コツコツ積み上げる予想スタイルが好評。
斉藤洋一
元レーシングマネージャーからの繰り出される新しいオーナーサイド予想。
大川智絵
大川慶次郎の娘・智絵氏が予想。予想メソッドは現在もなお継承されている。

払い戻しの高い人物

小宮城
オーナーサイダーの予想方法を確立した競馬予想家。執筆面でも活躍中。
須田鷹雄
有名な旅打ち競馬人。過去にはWIN5を的中させたこともあり、人気は根強い。
竹村浩行
競馬専門紙・馬三郎でトップに君臨する竹村浩行。特に重賞的中率には注目。

サイト検証記事

平馬の鉄人
平場レースの攻略法を伝授
大川慶次郎
大川智絵が予想監修

馬券を自宅で

ネット・電話で競馬!
自宅でも簡単に馬券が買えます!
A-PAT 即PAT